事業内容SERVICE
受変電設備工事

受変電設備工事

一度にたくさんの電気を使用する工場やビル、学校といった大きな施設では、電力会社から高圧(6,600V)の電気を受け入れて、通常に使用できる電圧(100V~200V)に変換させなければいけません。そのために必要となるのが、受変電設備です。この受変電設備にはさまざまな電気機器が設置され、その工事には高度な技術と経験が求められます。まさに、電気設備の基幹工事とされる部分です。
高圧ケーブル工事

高圧ケーブル工事

6,600Vの高圧の電気を引き込むには、専用の高圧ケーブルを敷設しなければいけません。また、施設内でメインとなる受変電設備からサブの受変電設備へと電力をつなぐ場合もあり、その際にも高圧ケーブルを使用します。中には600m以上のケーブルを引っ張らなければならないケースも。少しでも傷つけてしまうとケーブルが使用できなくなってしまうため、慎重な作業が求められる工事です。
幹線敷設工事

幹線敷設工事

受変電設備から、電灯、コンセントや動力用の分電盤に電気を供給するための幹線を敷設致します。安全かつ効率的な敷設のための調査や設計を行ったうえで、工事を行います。
弱電設備工事

弱電設備工事

具体的には、電話設備工事、テレビ共同聴視設備工事、インターホン設備工事放送設備工事、防犯設備工事などです。
幹線敷設工事

電灯コンセント設備工事

一般住宅からビルまで、照明器具、コンセント、スイッチ等の配線工事や器具の取付けとメンテナンスを行っております。お気軽にご相談ください。